基礎工事を行いました。

地鎮祭の後に、地盤調査をしてもらい、

検査の結果を見て、地盤改良を行いました。

土の成分が泥に近く、いつもの柱状改良ではセメントが固まらない土質だったので、鋼管杭を打つ工法で行いました。

その後基礎屋さんに入ってもらい、基礎工事を行いました。

高さを見ながら、切り土、型枠をして、溝にコンクリートを打っていきます。

型枠をして、配筋します。

配筋検査も無事に通り、

耐圧板の位置までコンクリートを打っていきます。

基礎の立ち上がり部分の型枠をして、コンクリートを打ちます。

最後に、コンクリートの表面に柔らかいコンクリート(レベラー)を流して水平に整えます。

型枠を外すと基礎のできあがり。

何もなかった更地に基礎ができあがり、間取りが分かるようになりました。

 

 

関連記事

カレンダー

2018年5月
« 4月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ブログ統計情報

  • 2,125 アクセス
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。